困ったときはどうする?

ETCカードというのは利用するためには車載器もセットで用意しなくてはいけませんが、この車載器というのは、例えば破損した時や車を譲渡する時など、いざという時はETCカード共々どのように取り扱えばいいのでしょうか?

たしかにETCカードというのは申し込みをした当人に、クレジットカード会社より貸し与えられているカードです。

では車載器の場合はどうなのかというと、車載器に関してはクレジットカードのように記名がされているわけではありません。

また個人情報だって登録されているわけではありません。

さらに個人情報であるとか記名といったものはされていませんが、では何か登録抹消であるとか情報の消去などをしないといけないのかというと、それも特には必要ありません。

では利用者がしなければいけない事は?というと、利用者は自身が発行してもらっているETCカードを大切に保管する…基本これだけで十分なのです。

ただし車を譲渡であるとか売却しようと思った際には、次の車の利用者のためにも車載器番号は伝えておいた方が親切であるかもしれません。

このように高速道路でETCカードおよび車載器を利用するためには、面倒な手続きは必要ありませんし、いざ車を手放す際にも面倒な手続きというのは必要ありません。

ただし古い車から車載器を新しい車に移す際には、再セットアップが必要になります。

これをしておかないと、メリットを受ける事が出来なくなってしまいます。

※参考:ETCの再セットアップは必要?料金は? [ETC] All About

このエントリーをはてなブックマークに追加

NEWS

MENU

LINK